運輸安全マネジメント

2021年度(2021年1月1日~2021年12月31日)

熊野輸送株式会社は、経営トップを初め全社員が輸送の安全の重要性を認識し、安全を最優先とした「運輸安全マネジメント」に取り組んでいます。今年度も「事故防止のための方針」に基づき、より一層の安全輸送向上を目指し、全社員が一丸となって事故撲滅に取り組んでいきます。

 

経営トップの「安全方針」

安全は、全てに優先する「経営の最重要課題」と位置づけ「全ての事故・災害ゼロ」を目指し、法令を順守して、社員一丸となって積極的に安全活動に取り組みます

 

1 事故防止のための安全方針

 輸送の安全は我が社の根幹であり、企業の社会的責務である

 

2 輸送の安全に関する方策

・交通法規・運転マナー・呼称運転・危険予知運転の励行

・基本作業及び「重点確認事項11」の完全実施

・構内ルールの徹底

 

3 社内への周知方法

 社内・営業所への掲示、従業員全員への回覧

 

4 輸送の安全方針に基づく目標

 人身・物損・労災事故「ゼロ」、飲酒運転の撲滅

 

5 目標達成のための計画

 安全教育プログラム/外部セミナー・講習の受講を計画

 

6 輸送の安全に関する情報交換方法

 定期的に安全衛生委員会を開催し、意見交換を行う

 

 毎年度、下記の取組状況を把握して社内及び営業所内へ掲示します。なお、安全方針、安全目標、安全目標

 達成状況、自動車事故報告規則で定める事故に関する統計は公表しなければなりません。

 

● 輸送の安全に関する目標達成状況(前年度)

 

 2020年度の目標  2020年度の結果  目標達成状況
 人身事故 0件  0件  目標達成
 物損事故 0件  0件  目標達成
 労災事故 0件  0件  目標達成
 酒気帯び運転 0件  0件  目標達成

 自動車事故報告規則

 に規定する事故

 0件  目標達成

 

 

● 事故に関する情報

 2020年度/重大事故件数     「0」件

 (注)輸送の安全に係る行政処分を受けた場合には、法令に基づき遅滞なく警告書等(写)、改善報告書 

 (写)を社内及び営業所等に掲示等により公表すること。

 

◆ 安全管理責任者

 原田 崇志 (本社営業所)山本 真 (名古屋営業所)

 

◆ 安全管理者責任者の役割・責任及び権限

 輸送の安全の確保に関する業務を統括する

 

2021年 1月 1日

熊野輸送株式会社

代表取締役社長 山本 貴史